食と農を、エネルギーでつなぐ。ホクレンSS

お問い合わせ

文字サイズ

メニュー


Carケアの基礎知識


オイルの基礎知識

ホクレンオイルのラインナップはこちら


オイルの働きについて

オイルの働きについて

エンジンオイルの作用として重要なのが、まず潤滑作用です。ピストンのスムーズな運動を助け、表面に油膜を作り、摩耗を防ぎます。次に清浄分散作用。燃焼によるススなどの汚れを掃除してくれます。
その他に密閉・冷却・防錆防食作用があり、どれも大切な働きをしています。

オイルはエンジンを正常に動かすために欠かせません!


エンジンオイルが汚れる仕組み

エンジンオイルが汚れる仕組み

エンジンの燃焼で発生するススなどがオイル汚れの一番の理由です。その他にも、ホコリや泥土がオイルに混ざり、汚れてしまいます。
また、熱による酸化・金属磨耗粉・ガソリンの混入も汚れの原因となっています。

運転の状況によっても汚れは早まります。砂利道やホコリの多い道路での走行、短距離走行やエアコンの使用などが多い場合は、早めのオイル交換が必要となります。


オイル交換をしないと・・・

オイルの働きが低下し、エンジンの摩耗や馬力・燃費の低下につながります。最悪の事態となると、エンジンが焼きつきを起こします。

オイルが多くても少なくてもクルマには悪影響!

オイルが多くても少なくてもクルマには悪影響!

オイルの量を確認するには、エンジン停止状態でオイルゲージを抜き、一度きれいにオイルを拭き取ってから根元まで差し込み、再度引き抜きます。F(H)とLの間にあれば適量です。
※オイルゲージの場所はクルマの説明書で確認できます。

オイル交換時期の目安

クルマやオイルの種類によって異なりますが、走行距離3,000キロメートルから5,000キロメートル、または6ヶ月に一度が目安です。
暑い夏・寒い冬にベストな状態で走行するためにも、春・秋のオイル交換がおすすめです。

エレメントとは?

エレメントとは?

オイルの不純物をろ過するフィルターのことを、エレメントといいます。
オイル交換2回に一度の間隔で交換するのがおすすめです。


オイル選びの目安

オイル缶には規格や粘度などの様々な情報が掲載されています。

オイル缶には規格や粘度などの様々な情報が掲載されています。

  1. API(アメリカ石油協会)規格

    現在の規格は排気ガスをクリーンにし省燃費性も高い、環境に配慮した規格です。
    現在は「SN」が最高グレードです。

  2. SAE(アメリカ自動車技術者協会)粘度

    オイルの固さの基準です。現在では新車の80%以上が採用している省燃費エンジンに適した低粘度オイル(0W-20)の使用が普及してきています。

    粘度の見方

オイルについている規格表示は品質の証

オイルを購入すると、パッケージ部に「○○規格」などと表示されていることはご存じですか?実はこの表示はオイルの品質を表すものなのです。

API規格“SN”は、より環境に配慮した規格

API規格“SN”は、より環境に配慮した規格

API規格とは、アメリカ石油協会のサービス(ランク)分類のこと。
ホクレンSSのアドアプロEシリーズの「アクア」「エアロ」が認証を受けている「SN」規格は、2010年に新しく施行されたAPIの最高グレードです。従来の規格よりもオイルが汚れにくく、省燃費でオイルの減りが少ないのが特徴。つまり、より環境に配慮した規格というわけです。

APIはオイルの総合性能でランク分けされています

APIはオイルの総合性能でランク分けされています

  • ILSAC規格とACEA規格

    ILSAC規格とACEA規格

    ILSAC規格とは、国際潤滑油規格認証委員会の省燃費性規格のこと。ホクレンSSのアドアプロEシリーズ「エアロ」が認証を受けている「GF-5」規格は、その最高グレード。環境に有害なリン分の低減および燃費(初期燃費と持続燃費)の向上が規格取得の主な条件になります。

  • JASO規格

    JASO規格

    JASO規格とは、日本自動車技術協会が制定する規格。その中でも「DH-1」「DH-2(※)」は、国産ディーゼルエンジンに最適な品質であることの証です。
    アドアプロEシリーズ「D-エクセル」は、API規格「CH-4」相当と「DH-1」両規格を兼ね備えている、まさにディーゼルエンジン用オイルとして最高級のオイルです。
    ※「DH-2」は2005年11月に施行された新グレードで排ガス低減装置DPFを装着した最新の国産トラックに最適です。

ホクレンSSで取り扱っているオイルはこちら


オイルのご相談や交換はお近くの店舗までお気軽にどうぞ!

お近くの店舗を探す

オイルについてのよくあるご質問はこちら
よくあるご質問

Carケアの基礎知識